翠猫館
翠猫館って何?
翠猫館の由来
会社案内
スタッフ紹介
プレスリリース
無料スクリーンセイバー
日々更新!月夜の猫集会
新着月猫ムービー紹介
プレゼント月夜の猫集会
次々開運!!月猫パワーストーン月占い月夜の猫集会プレゼント
いつもそばにいてくれる猫をあなたに届けたいから
翠猫館の由来(コンセプト)

様々な理由で「自分なんか社会に必要ないのではないか」とか
「自分の存在価値ってなんだろう?」と感じている人が
「自分もどこかで役に立てるんだ」という自信と元気を取り戻す事を
サポートする事が翠猫館の使命です。

多くの女性は自分が幸せになることに臆病になっているといわれています。

なぜでしょう。

その理由を説明しようと協力を申し出て下さる先生方が、たくさん味方について下さいました。

その全てを【月猫恋愛行動学】という携帯コンテンツを通じて皆様にお伝えします。

【月猫恋愛行動学】について


私たちは【月猫恋愛行動が】において下記のサービスを使命とします。

「自分はなにかいけないところがあるのではないか」という不安を解消すること

「自分はここにいていいんだ、産まれてきて良かったんだ」という勇気をくれること

「恋をするって本当に素敵だし、元気になれる」と思えるようになること

「相手のことを守りたいんだ」とお互いに対して思い続けられる恋人が得られるようになること

 

【月猫恋愛行動学】に出来ない事

「とにかくにスグにたくさんモテたい」という望みをかなえることはできません。
なぜなら、私達はたいてい自分一人を支えて生きていくことでさえ精一杯です。
ちょっと問題にぶち当たるだけで、へこんだり、体調を崩したり、イライラしちゃったりするからです。

でも恋とは「こんな私だけど、この人の事を守りたい」と感じることだと思うのです。
自分一人分でさえ支えきれない私達がもう一人の人を支えたいと願うことだと思うのです。

だとしたら本当に全身全霊をかけて、それでもようやく一人の人の近くにいることができるかどうか、それが私たちの精一杯の誠実だと思います。
(支えるなんて大それたコトはおこがましいかもしれません。
せいぜい近くにいて励まし合ったり出来るだけです)

でも私たちは愛する人からのさりげない一言で、ものすごいパワーがどこからか湧いてきます。

そう考えていますので
「自分は複数の異性を支えることができる」
というのは一時的な幻想か、ちっとも支えていない事に気がついていないだけだと思うのです。

そうではなくて、あなたが本当に
「1対1の信頼に満ちた恋人関係を大切にする人になりたいんだぞ」
と思うなら、
その道を整理するお手伝いをすることが出来ると考えております。

「自分にはなんの問題もない」と思っている人もまた効果が期待できません。

「月猫恋愛行動学」は「自分の行動を変える事で未来が変わってくる」という行動学理論に基づいて構築されたプログラム群です。
「みんなが先に変わるべき。自分は100%このままでOK」という人は、悔しい事ですが
現在の【月猫恋愛行動学】では効果を出すことが出来ません。

社長について

「悩みを自覚出来ていない」事と「何も悩みが無い事」は、別だと思うのです。
そしてうまく説明出来ない悩みに「共感」してもらえたというよろこびは、人生を変える力があると思います。

私は子供の頃、いじめに合っていました。
だんだん「笑い方」がわからなくなりました。
自分が何をしても笑われる気がするのです。
どうゆう風にどのタイミングでどのように振る舞えば良いのか、ちっとも解らなくなってしまったのです。

当時は不登校が出来る時代ではなかったのが、私にとっては幸いとも言えたかも知れません。

その中で「あの人の振る舞い方は感じがいいなぁ」と思う人がいました。
ある時、その人の真似をしてみました。
(その人は積極的に私を庇ってはくれなかったけれど、積極的にいじめに参加するタイプでも無かったので。
当時はそんな人でも有り難かったのです)

その人の真似はうまく行きました。
そのうちまた笑えるようになったのです。

高校2年生ぐらいになると友人もできるようになってきて、いじめられることも少なくなりました。
でも、どうやら周囲からは「明るくて脳天気な奴」と思われていた様です。
「自分は頭が良くないから、そう思われてもしょうがない」と思っていました。
理解されない事には慣れていました。
(本当は慣れていたのではなくて諦めていたのだけれど)

社会人になっても状況は変わりませんでした。
20代の殆どを「出来の悪いOL」として過ごしました。
当然、自信なんかありませんでした。

20代後半で手に職をつけたら、居場所が見つかりました。
CG(コンピューターグラフィック)の開発の仕事は自分に向いていました。
仕事のスピードやクオリティを褒めてもらえる。
映像会社やゲーム会社は居心地が良い場所でした。
仕事さえ出来れば、誰も私を馬鹿にしないので。

そうしたら仕事のしすぎで腱鞘炎になったのです。
居場所だと思っていたゲーム会社は結局、辞めました。

翠猫館を立ち上げ「ゲーム会社には出来ないコンテンツの制作」を考えていた時、
「アダルト・チルドレン」という言葉をきちんと知りました。
(お恥ずかしながら他人事だと思っていたのです)

「自分のことだ!」と思いました。
初めて「自分は脳天気だったのではなくて、抱えていたものを表現する事が出来なかったのだ」という事を知ったのです。

自覚していない悩みは説明出来ない。
共感を得にくい悩みは、表現する事も難しい。

変な言い方になるのですが
「自分もまたちゃんと苦しんできたのだ、ただの脳天気じゃなかったのだ」
と、初めて思えたのです。
そうして自分を認める事が出来るようになってきたのです。

だんだん「同じように苦しんでいる人を助けたい」と思うようになりました。
人にうまく説明出来ない苦しみ、まわりの人に共感してもらいにくい苦しみという問題は、人の心をどこか孤立させ、「温かさから切り離された感じ」にしてしまうからです。

しかもこれらの問題を抱えたままでいると、特に恋愛に関してトラブルのもとになりやすい事もだんだん解ってきました。

回避策はあるのです。
いや、回復策というべきでしょうか。

ならそれを届けようと思うのです。
幸いゲーム会社を辞めた私は、企画を握りつぶされる事もありません。
リスクは自分で取るのです。

翠猫館は「自分に自信を持てないでいる」人の、背中を押してあげる会社でありたいと思います。

私達は全員例外なく幸せになるために産まれてきたのです。
本当にそこに例外はないのです。

【月猫恋愛行動学】は、この言葉を噛みしめながら、開発してきました。

どうぞ、まずあなたから幸せになって下さい。翠猫館は心からそれを願っています。

British British British British British
 
top
特定商取引法表記 お問い合わせ 翠猫館って何?copyrights(c) 2005 suinekokan all rights reserved.
うたたねこ(ハートマーク)ホッ